オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年9月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
クランベリー

毎日できる方法で簡単なものがあります。
クランベリーを取ることです。
美容の果物としても最近注目されてます。
ポリフェノールの量がブドウの倍あります。
ビタミンCもたくさんある果物です。
肌の参加を防ぐのに役立ちます。
シミにも効きます。
アルブチンという美容成分も入ってます。
美白にも効きます。
胃腸の浄化作用もあるので健康面でもおすすめの食品です。
むくみにも効果があります。
ピロリ菌にも効果があります。
美肌のビタミンです。

ドリンクで摂る
ドリンクで飲むのが一番簡単で毎日できる美容法です。
クランベリーの実を毎日食べられるのが一番いいんですが日本では生であまり売られてないので売られていても高いのでドリンクがおすすめです。
少し酸っぱいですがさわやかな風味なので飲みやすいです。
少し高いですが100%に近いものを摂取すると効果があります。
女性特有の病気にも効きます。
アメリカでは心臓病にも効果があるとされてます。
疲れ目などにも効果があるとされてます。

ジュース

クランベリーはドリンクになると腸内での吸収率が上がります。
また生食の場合には下痢などを引き起こすこともありますが、ドリンクにすることでこうした事態を解消することが出来ます。
最近では美容を目的にしたドリンクもあれば、クランベリーのドリンクとして販売している場合もあります。
美容効果を謳う製品の場合にはベリー以外の成分が含まれていて、直接摂取することによってより効果を高める目的があるものがほとんどです。

美容について
美容法はいろいろあります。
簡単なものから難しいものまで今の世の中美容法であふれているのでどれを選べばいいのか迷うほどです。
できれば毎日持続できるものがいいです。
継続は力なりです。
そして無理はしない方がいいです。
長続きします。
日々の積み重ねがキレイを生み出すのです。
素肌美人を目指しましょう。
素肌がきれいだとメイクののりも変わります。
一番の基礎で一番時間のかかることですが素肌をきれいに保つことは美肌の基本です。

ベリー

クランベリーとは主にフルーツとして食用にされることが多い植物の果実です。
ツツジ科でツルコケモモ亜属の植物で、思い寒冷地で育ちます。
発見されたのは1700年から1800年初頭にかけてで、イギリスで発見されました。
食用に用いる際には生で食すより、加熱や加糖をして酸味を和らげた調理を施してからのほうが向いています。
国によっては伝統的な食事に用いることがあり、魚より歯肉の付け合せなどに用いられることが多いです。

美容効果のある食べ物
クランベリーには美容効果が高いという特徴もあります。
そもそも実そのものに酸味が多いため、体の酸化=老化を防ぐ効果があります。
また若返り作用があるポリフェノールも含まれており、含有量としてはぶどうの約1.5倍ほどです。
肌のシミ・そばかすの原因となるメラニン色素の働きを防ぐアルブチンも多く含まれており、美白効果が高いことでも知られます。
吸収率がよく気軽に扱えるという点で、ドリンクタイプの美容ケア用品も販売されています。